エンジニアの成長

エンジニア初心者が読んでおきたいおすすめの本13選【キャリア20年のSIer管理職が推薦】

2020-08-28

悩める人
悩める人
・システムエンジニアになりたいのですが、読んでおくべき本はある?
・新人エンジニアですが、今のうちに読んでおくべき本があれば教えてほしい
・エンジニアの本が多すぎてどれを選べば良いかわからない

この記事はこういった人のために書きました。

 

  • この記事でお伝えしたいこと
  • 未経験・初心者エンジニアがまず知るべきこと
  • IT業界とエンジニアについて学べる本
  • エンジニア共通の技術を学べる本
  • ビジネススキルを学べる本
  • プログラミングの基礎や勉強の仕方が学べる本

 

  • この記事を書いている僕はこんな人です

IT未経験から新卒でIT業界に入り、2度の転職を経て現在はSIerで部長として働いています。
キャリアは20年で、C言語のプログラマーから、インフラエンジニア、アーキテクト、PMを務め、現在は業界調査や人材育成、新卒と中途採用の面接官も務めています。
これまで、何百人ものITエンジニアと仕事を共に、数多くの転職希望者と採用面接を通じて接してきました。

 

この記事では、エンジニア初心者や、エンジニアを目指している方向けに読んでおくべきオススメの本について紹介します。

 

結論から言うと、いきなり難しい本を頑張って読むことはオススメしません。まずは未経験者や初心者がやるべきことに沿った本を繰り返し読み、少しずつ知識を積み上げることが大事です。
ヤマダヒロタカ
ヤマダヒロタカ

 

この記事では、初心者向けに「やさしいけど、本質的な内容を学べる良書」をご紹介します。

現在IT業界に興味のある就活生や、未経験からIT業界への転職を考えている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

未経験・初心者エンジニアがまず知るべきこと

冒頭でも言いましたが、初心者がいきなり特定の技術書を読むことはオススメしません。

理由は単純に「難しすぎるから」です。

一人前のエンジニアを目指すなら、初心者がまず知るべきことを押さえ、段階を追って知識を積み上げていきましょう。

 

IT業界とエンジニアとは何かについて学ぼう

特にこれからIT業界を目指すあなたは、まず業界研究をしっかりやりましょう。

IT業界や、エンジニアの仕事内容や働き方、スキル、年収、キャリアや将来性について、自分の想像と現実のギャップをできるだけ減らしましょう。

個々の技術を勉強する前に、自分なりにエンジニアの全体像を捉えておくことが大事です。

 

エンジニア共通の技術を学ぼう

ITエンジニアには様々な職種があります。

個々の職種について勉強する前に、エンジニア共通で身に着けておくべき根幹となる技術について学んでおきましょう。

エンジニアとしていつまでも活躍するために、陳腐化しない、汎用的で本質的な技術の原理原則を早い段階で学ぶことはにとても重要です。

 

ビジネススキルを学ぼう

僕がよく言うことですが、エンジニアである以前にビジネスマンでもあります。

技術だけでなく、ビジネスに必要なスキルを身に付けることは自分の仕事の幅を広げるためにとても重要です。

 

プログラミングの基礎と独学の仕方を学ぼう

エンジニアの職種や就職する企業、アサインされる案件によってはプログラミングがなかなかできないこともあります。

しかし、エンジニアにはプログラミングスキルは必須ですので、本を読みながら実機で独学する習慣をつけることをオススメします。

実際に働き始めてみないとどんな言語を学ぶべきかわかりませんので、まずはプログラミングとは何か、プログラミング言語共通の基礎知識、そして効果的な独学の方法について学びましょう。

 

IT業界とエンジニアについて学べる本

SEの基本

SEを目指す学生やSE1年生の開発スタッフから、プロジェクトを引っ張るマネジャー、マネジメントに携わるチームリーダーまで必携の書。

出典:Amazon書籍説明欄

2009年の本ですが、良い意味でシステムエンジニアの仕事内容、必要なスキル、心構えなどが教科書的に書かれている一冊です。

発売から10年以上経っても変わらず読まれている、エンジニアに必要なスキルについて本質的な内容に踏み込んで書かれており、特にSIerを目指している方に読んで頂きたい良本です。

著者山田隆太
定価1,430円(本体価格 1,300円)
発売日2009年3月1日
ページ数381ページ
対象エンジニアSIer/SESのシステムエンジニア
対象レベル未経験者・就活生

目次
0章 SEって、いったい何をする人?
1章 SEには、どんなテクニカルスキルが必要か?
2章 ソフトウェアエンジニアリングを意識したスキルを形成する
3章 プロジェクトに必要なリーダーシップとチームワーク
4章 プロジェクトを成功に導くマネジメントスキル
5章 これだけはマスターしたいヒューマン系スキル
6章 SEとしての自覚と心構え

 

Webエンジニアの教科書

本書のテーマは,Webサービスの実践的な設計です。まずHTTPやURI,HTMLなどの仕様を歴史や設計思想を織り交ぜて解説します。

出典:Amazon書籍説明欄

Webエンジニアとして押さえておきたい技術や知識を各分野ごとにわかりやすく解説されている一冊です。

この本のメインターゲットは2年目~3年目のWebエンジニアとなっており、初心者には少し難しいかもしれません。

ただ、Webエンジニアは覚えることが多く広範囲に渡る仕事ですので、早い段階でこの本に書かれている内容は調べながらでも読み進め、覚えておくことをオススメします。

著者佐々木達也
定価1,430円(本体価格 1,300円)
発売日2017年2月13日
ページ数306ページ
対象エンジニアWeb系エンジニア
対象レベル未経験者・就活生

目次
CHAPTER-01 Webエンジニアについて
CHAPTER-02 Ruby on Railsでの開発
CHAPTER-03 PHPでの開発
CHAPTER-04 NoSQLデータベース
CHAPTER-05 フロントエンドの実装
CHAPTER-06 ログについて
CHAPTER-07 データの可視化について
CHAPTER-08 環境構築の自動化
CHAPTER-09 便利な外部サービス

 

世界一わかりやすいIT[情報サービス]業界のしくみとながれ

開発の流れでITの仕事が見えてくる。ビジネスのしくみと企業の動きをマンガとキャラで楽しく解説!現場で役立つ基本が図解でスッキリわかる。

出典:Amazon書籍説明欄

2015年の本ですが、IT業界について網羅的に書かれた良書です。

業界の仕組み、受託開発における人月ビジネスの仕組みが詳しく書かれています。

少々専門用語が多いので、ネットで調べながら読むことになるかもしれませんが、これからIT業界を目指す人は読んでおいて損はない一冊です。

著者イノウ(編著者)
定価1,430円(本体価格 1,300円)
発売日2015年6月23日
ページ数192ページ
対象エンジニア全エンジニア
対象レベル未経験者・就活生

目次
1章 IT業界のサービスと顧客
2章 IT事業者のしくみ
3章 システムとIT技術の基本
4章 システムの提案と要件定義
5章 システムの設計と開発
6章 システムの導入と運用
7章 IT業界の新しいながれ
終章 IT業界のこれから

 

エンジニア共通の技術を学べる本

コンピュータ、どうやってつくったんですか? 

世界で一番わかりやすいコンピュータの本です。

出典:Amazon書籍説明欄

コンピューターを全く知らない子供向けにイラストを使って分かりやすく解説された本です。

子供向けと馬鹿にはできない構成になっており、情報処理試験の午前試験に出てくるコンピューターの仕組み、特にCPUの仕組みが非常にわかりやすく、かつ網羅的に描かれており、大人でも読み応えのある一冊です。

著者川添愛
定価1,870円(本体価格 1,700円)
発売日2018年8月25日
ページ数176ページ
対象エンジニア全エンジニア
対象レベル未経験者・就活生

目次
第1部 数字で情報を表す
1章 数字の歴史
2章 二進法の数字とコンピュータ
3章 数字による情報の表現
第2部 電気で計算を表す
4章 コンピューターでの足し算
5章 「電気による計算」までの旅路
第3部 プログラミングとは
6章 コンピューターに命令する
7章 命令を聞く仕組み
8章 命令を実行する
9章 コンピュータの誕生

 

コンピュータはなぜ動くのか

基礎知識を持たない新人文系SEにも最適だが、受験勉強で年号だけを覚えるような虚しさを技術に対して抱いてしまっているベテランにも、高校の教科書を読み返すような感覚で目を通してほしい。

出典:Amazon書籍説明欄

前述の「コンピュータ、どうやって作ったんですか?」と比べるともう少し難しい内容となっています。

2003年発売で、古い本ではありますが、古いながらもいまだに読まれ続けている良書です。

特にCPU、メモリ、入出力とコンピューターの原理原則を学ぶには最もオススメしている本で、コンピューターの回路図をなぞりながら2進数で命令を実行していく「ハンド・アセンブル」が体験できる本でもあります。

新人から2年目~3年目くらいの経験を積んだ方はぜひお試しください。

びっくりするくらいコンピューターの内部の動きが理解できるようになります。

なお、8章以降については、やはり少々内容が古い感じが否めないため、ネットワークとデータベースについてはこの次に紹介する書籍をオススメします。

著者 矢沢久雄
定価2,640円(税込)
発売日 2003/6/2
ページ数277ページ
対象エンジニア全エンジニア
対象レベル経験1年目~3年目程度

目次
第1章 コンピュータの3大原則とは
第2章 コンピュータを作ってみよう
第3章 一度は体験してほしいハンド・アセンブル
第4章 川の流れのようにプログラムは流れる
第5章 アルゴリズムと仲良くなる7つのポイント
第6章 データ構造と仲良くなる7つのポイント
第7章 オブジェクト指向プログラミングを語れるようになろう
第8章 作ればわかるデータベース
第9章 簡単な実験7つでTCP/IPネットワークを理解する
第10章 データを暗号化してみよう
第11章 そもそもXMLって何だっけ
第12章 SEはコンピュータ・システム構築の現場監督

 

スラスラわかるネットワーク&TCP/IPのきほん

コンピューターネットワークの基礎と「TCP/IP」について徹底的にイラストで解説した、イメージで楽しく学べる入門書の決定版です。
やさしいけれど内容はしっかり充実。一冊で基礎がしっかり身に付きます。

出典:Amazon書籍説明欄

TCP/IPはネットワークの中でも最も重要な技術で、インフラエンジニアだけでなく、エンジニア全員が知っておくべき技術です。

TCP/IPはこれからも変わることのない普遍的かつ本質的な技術で、コンピューターの原理原則のひとつです。

IT業界は次々に新しい技術が出てきますが、全て原理原則の技術を応用したものです。

エンジニアとして、このような原理原則の知識を持つことは、今後新しい技術に対してもキャッチアップするために必要なことです。

恐らく、TCP/IPについてはこの本より易しくかかれた本はないと思います。

著者リブロワークス(著者)
定価¥1,900(税別)
発売日 2018/3/17
ページ数200ページ
対象エンジニア全エンジニア
対象レベル経験1年目

目次
第1章 コンピューターネットワークの世界を探索しよう
第2章 ネットワークのサービスとアプリケーション層
第3章 トランスポート層
第4章 インターネット層とルーティング
第5章 ネットワークインターフェース層とハードウェア
第6章 セキュリティ

 

おうちで学べるデータベースのきほん

「データベースについてを学びたいけど、本を読んでもわからない」…そんなあなたは必読です。本書は、「データベースが動作する仕組み」を、実際に自宅PCで確認しながら学習を進めていきます。

出典:Amazon書籍説明欄

データベースを全く初めて勉強する人にオススメしたい一冊です。

データベースの知識、SQL、表の正規化、どれをとっても今後もなくなることのない、汎用的かつ本質的な技術であり、TCP/IPに並ぶ全てのエンジニアが身に着けるべき技術の代表格です。

また、データベースは、Oracle、MySQL、Postgresqlなど数多くの製品がありますが、データベースの基礎的な仕組みはどの製品も同じです。

この本では、どの製品でも通用する基礎的かつ、本質的なデータベースの原理原則をわかりやすく、網羅的に学ぶことができます。

データベースはインフラエンジニアだけでなく、開発系エンジニアにこそ知ってほしい技術です。

著者ミック/木村 明治
定価本体2,200円+税
発売日2015年02月12日
ページ数344ページ
対象エンジニア全エンジニア
対象レベル経験1年目

目次
第1章 データベースって何だろう-その用途と役割-
第2章 リレーショナルデータベースって何だろう-最も代表的なデータベース-
第3章 データベースにまつわるお金の話-イニシャルコストとランニングコスト-
第4章 データベースとアーキテクチャ構成-堅牢かつ高速なシステムを構築するために-
第5章 DBMSを操作する際の基本知識-操作する前に知っておくこと
第6章 SQL文の基本を学ぼう-SELECT文を理解する-
第7章 トランザクションと同時実行制御-複数のクエリをまとめる-
第8章 テーブル設計の基礎-テーブルの概念と正規形-
第9章 バックアップとリカバリ-障害に備える仕組み-
Appendix パフォーマンスを考えよう-性能を向上させるために-

 

Webを支える技術

本書のテーマは,Webサービスの実践的な設計です。

出典:Amazon書籍説明欄

Webのしくみや動作原理を知りたい方から、Webサービス(Webアプリケーション/Web API)の設計・開発に携わるエンジニア向けに、Webの技術が網羅的に解説されている一冊です。

Webの仕組みは覚えることが非常に広範囲に及び、Web系エンジニアとして働こうとしている方は大変ですがぜひ何度も通読することをオススメします。

この本に限らず、技術書はリファレンスとして使うエンジニアが多いですが、自分の専門分野として頭ひとつ抜け出たい方は、ぜひ繰り返し通読してください。

著者山本陽平
定価本体2,200円+税
発売日 2010/4/8
ページ数400ページ
対象エンジニア全エンジニア(特にWeb系エンジニア)
対象レベル経験1年目

目次
第1部 Web概論
第1章 Webとは何か
第2章 Webの歴史
第3部 REST ── Webのアーキテクチャスタイル
第2部 URI
第4章 URIの仕様
第5章 URIの設計
第3部 HTTP
第6章 HTTPの基本
第7章 HTTPメソッド
第8章 ステータスコード
第9章 HTTPヘッダ
第4部 ハイパーメディアフォーマット
第10章 HTML
第11章 microformats
第12章 Atom
第13章 Atom Publishing Protocol
第14章 JSON
第5部 Webサービスの設計
第15章 読み取り専用のWebサービスの設計
第16章 書き込み可能なWebサービスの設計
第17章 リソースの設計
付録

 

ビジネススキルが学べる本

書く技術・伝える技術

目指すのは相手に「読ませない」文章!
つまり“書き手も読み手も「負担がかからない」文章テクニック”です!

出典:Amazon書籍説明欄

文章の基本は、伝えたいことを読み手に正しく伝えることであり、そのための方法を解説している一冊です。

文章を書く技術は経験だけでは身につかず実践が必要であり、本の中でところどころに「トレーニング」や「課題」が設けられており、実践にこだわっていることがわかります。

エンジニアも業務の中で多くの文章を書きますが、意外と論理的に、伝えたいことを的確に言葉にして伝えられるエンジニアは少ないのが現状です。

あなたが業務の中で差をつけるためにもオススメの一冊です。

著者倉島保美
定価1,800円 (税抜)
発売日2019/7/19
ページ数248ページ
対象エンジニア全エンジニア
対象レベル未経験者・就活生~経験1年目

目次
●基礎編 「書く技術」が身につけば、仕事の効率はもっと上がる!
・基礎1 「読ませない」文章を書こう
・基礎2 文章の良し悪しがビジネスの成否を分ける
・基礎3 「書く技術」は経験では身につかない
・基礎4 文章を構成するには読み手のメンタルモデルに配慮しよう
・基礎5 負担をかける文章とかけない文章、どこに差があるの?

●理論編 「書く技術」が驚くほどアップする ビジネスライティング7つの法則
・法則1 文章の冒頭には重要な情報をまとめて書く
・法則2 詳細はパラグラフを使って書く
・法則3 パラグラフの冒頭には要約を書く
・法則4 文頭には既に述べた情報を書く
・法則5 並列する情報は同じ構成、同じ表現で書く
・法則6 ひとつの文には、ひとつのポイントだけを書く
・法則7 無駄なく、簡潔に書く

●実践編 パターンと手順を覚えて、実務の文章作りにトライしよう!
・実践1 ビジネス文章は、この型を覚えよう
・実践2 ビジネス文章はこの手順で書き上げよう
・実践3 提案書を作ってみよう
・実践4 腸さ報告書を作ってみよう
・実践5 技術報告書を作ってみよう
・実践6 回答書を作ってみよう
・実践7 作業指示書を作ってみよう

 

業務改善コンサルタントの現場経験を一冊に凝縮した Excel実践の授業

Excelの機能を理解するだけでなく「自分の場合はどうしたら仕事に役立てられるか」を考えられる構成の、知識を実際に使って役立てるところまで見越した、Excelを使うすべてのビジネスパーソンに贈る学習書です。

出典:Amazon書籍説明欄

Excelを使った業務改善のプロが本当に役立つテクニックをわかりやすく解説している一冊です。

Excelはエンジニアでも必ず扱います。

最近はGoogleスプレッドシートを採用している企業も増えていますが、Excelがなくなることはありません。

Excelでの仕事の生産性を上げるためのテクニックを早いうちから習得し、素早く仕事を仕上げられる「デキる」若手を目指しましょう。

著者永井 雅明
定価1,580円(税別)
発売日2020/4/10
ページ数393ページ
対象エンジニア全エンジニア
対象レベル未経験者・就活生~経験1年目

目次
■CHAPTER01 基本+便利ワザ
 最初に知りたい! おすすめ設定5つ
 小さな積み重ねで大幅時短! 必修ショートカットキー
 規則性のあるデータを瞬時に入力する
 数値データの桁をすばやく揃えるテクニック
 他人が変更できないよう、シートに編集制限をかける
■CHAPTER02 関数
 関数の入力方法
 関数が参照する列・行を固定する
 文字列の一部を取り出す
 姓・名を結合し、ふりがなを自動で表示する
 形式がバラバラなデータをきれいに整える
■CHAPTER03 実践テク+活用ワザ
 完了したタスクがひと目でわかる表を作成する
 セル範囲に名前を付けて数式をわかりやすくする
 直前の操作をボタン1つで繰り返す
 会議の議題ごとにタイムスケジュールを作る
■CHAPTER04 マクロ&VBA<基本編>
 マクロ・VBAで個人やチームの生産性を高める
 マクロ・VBAを使用する準備
 まずは「マクロの記録」で処理を自動化する
 マクロとVBAの関係
■CHAPTER05 マクロ&VBA<活用編>
 VBAの知識を生かして日常業務を効率化しよう
 シートの一覧を作成する
 数値以外のデータがないかチェックする
 図形内の文字列を取得する
など

 

プログラミングの基礎や勉強の仕方が学べる本

プログラミング入門講座

なぜ、世界中の成功者はプログラミングの基本を学んでいるのか。その答えと、具体的な学び方が一冊に!

出典:Amazon書籍説明欄

プログラミング言語そのものが学べる本ではなく、プログラミングを学ぶ意義と、効率のよいプログラミングの習得の仕方がわかりやすく書かれている一冊です。

元アメリカ大統領のバラク・オバマやマイクロソフト創業者のビルゲイツ、Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグらが賛同した、世界中で2億人以上が夢中になった学び方といわれている世界最良の学習メソッドが紹介されています。

プログラミングは、業務の中でも学べますが、最終的にはどれだけ独習を積み重ねたかで差が付きます。

この本を手に取って、効率の良いプログラミングの学習メソッドを学んでみませんか?

著者米田 昌悟
定価1,580円 (税抜)
発売日2016/9/27
ページ数288ページ
対象エンジニア全エンジニア
対象レベル未経験者・就活生~経験1年目

目次
Part 1 新しいスキルを獲得しよう!
 プログラミング・スキルの想像以上の価値
 効率よく、確実にプログラミング・スキルを習得する方法
Part 2 世界最高の学習メソッドで学ぶ、はじめてのプログラミング
 主な学習サービスの概要と特徴
 はじめてでも絶対につまずかない「Hour of Code」
 最もシンプルかつ強力な学習ツール「lightbot」
 世界最高峰の叡智が作った「Scratch」 ほか
Part 3 「プログラミング」の全体像を理解する
 1つのプログラムを最初から最後まで作ってみよう!
 他者のプログラムを活用することの大切さ
Part 4 入門者からの脱却~もう1つ上のステップへ~
 どのプログラミング言語を学ぶべきか
 本格的にプログラミングを学ぶための手引き

 

Webとプログラミングのきほんのきほん

「これからWebプログラミングを学んでみたい」けれど、「1つの言語を学んでも、別の言語では学びなおしになるのが面倒」。そんな風に思っている方にぴったりの1冊です。

出典:Amazon書籍説明欄

Webプログラミングを学ぶ方向けの一冊です。

PHPとJavaScriptを例にしながら、他のプログラミング言語にも共通する「基本部分」について詳しく解説しています。

この基本部分を学ぶことで、新しい言語も短時間で習得できるということが書かれています。

プログラミング言語に限らず、どんなIT技術にも基本部分、共通部分というITの根幹となる技術が存在しますが、そこにフォーカスを当てて初心者にもわかりやすく書かれている良書です。

著者大澤 文孝
定価2,728円
発売日2015/2/19
ページ数336ページ
対象エンジニアWeb系エンジニア
対象レベル未経験者・就活生~経験1年目

目次
Chapter1 WebブラウザでWeb ページが表示される仕組み
Chapter2 WebサーバからWebブラウザにコンテンツが届くまで
Chapter3 Webプログラムがコンテンツを作る仕組み
Chapter4 Webプログラムを動かしてみよう
Chapter5 Webプログラミングをしてみよう
Chapter6 ライブラリやJavaScript を使ったプログラミング
Chapter7 ユーザーを追跡するCookieとセッション情報
Chapter8 データベースを使ったプログラミング

 

Excel VBAの教科書

Excelによる業務の自動化・効率化を行いたい人、本格的なシステム作成を請け負うVBAプログラマーを目指す方等を対象に、VBAの基礎から実践的なコーディングまでをご紹介します。

出典:Amazon書籍説明欄

Excel VBAは「プログラミングを全くやったことのない人」にオススメしたい言語です。

もともとがVisual Basicという実務で使う立派な言語をベースにしているため、「順次」「分岐」「反復」というプログラミングの大原則となる命令もしっかり備わっています。

しかも覚えておくと、就職してから業務効率化にも役立つ一石二鳥の言語です。

ネットでもVBAの情報はいくらでも出てきますが、初心者は体系的・網羅的に解説されている書籍を一冊傍らにおきながら勉強することがオススメです。

初心者でもわかりやすく、体系的にまとめられた良書です。

著者古川順平
定価1,800円 (税抜)
発売日2018/7/20
ページ数523ページ
対象エンジニア全エンジニア
対象レベル未経験者・就活生~経験1年目

目次
はじめに
●基礎編
Chapter1 VBAを始めるための準備と仕組み
Chapter2 オブジェクトでExcelの機能にアクセスする
Chapter3 もっとプログラムらしく ~VBAの基礎文法~
Chapter4 「文字列」と「日付」と「時間」の扱い方
Chapter5 リストを一気に処理 ~配列・コレクションの仕組み~
Chapter6 そのマクロ、いつ実行するの?
Chapter7 プログラムにつきものな、エラー処理とデバッグ
Chapter8 外部ライブラリでVBAの機能を拡張する
Chapter9 マクロのパーツ化やユーザー定義関数
●実践編
Chapter10 目的のセルへアクセスする
Chapter11 セルの値と見た目の変更
Chapter12 VBAでのデータ処理
Chapter13 VBAでのファイル処理
Chapter14 集計・分析結果を「出力」する
Chapter15 外部データとの連携処理
Chapter16 Web上のデータをExcelに取り込む
Chapter17 マクロの実行速度を上げる
Chapter18 シートを利用した入力インターフェイスの作成
Chapter19 ユーザーフォームの利用

 

まとめ

未経験者や初心者エンジニア向けに「やさしいけど、本質的な内容を学べる良書」をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

エンジニアが扱う技術は非常に範囲が広く、業務の中でその全てを身に付けることは難しいです。

なので、業務の外でもなるべく学ぶ機会を増やしていくことが必要で、書籍はその方法のひとつです。

ここで紹介した本の全てを読んでほしいというわけではありませんが、初心者のうちに積み上げた知識は必ずあなたの武器になります。

なるべく多くの書籍を手に取ってみてください。

 

この記事を読んで、少しでも未経験者や初心者エンジニアのみなさんの勉強の参考になれば嬉しいです。

  • この記事を書いた人

ヤマダヒロタカ

インフラエンジニア/ITアーキテクト/プロジェクトマネージャ。 SESのエンジニアから2度の転職を経て、現在某SIerにて技術系組織のマネージャーを務める。

-エンジニアの成長

© 2021 YAMADA BLOG