エンジニアの成長

エンジニアに向いている人の3つの特徴【キャリア20年のSIer部長が語る】

2020-07-21

悩める人
悩める人
ITエンジニアに向いている人ってどんな人ですか?
どんなスキルが必要?プログラミングが苦手だと向いていないですか?

この記事はこういった人のために書きました。

 

ヤマダといいます。

 

<プロフィール>
新卒でSES企業に入り、2度の転職を経て現在はSIerで部長職として働いています。
キャリアは20年で、C言語のプログラマーから、インフラ、ITアーキテクト、PMを務め、現在は業界調査や人材育成、採用面接も担当しています。
これまで、何百人ものITエンジニアと仕事を共にし、数多くの転職希望者と採用面接を通じて接してきました。

 

IT業界での長年のキャリアと、過去の転職経験、現役の採用面接官として信頼性の高い情報を発信しています。

 

この記事でお伝えしたいこと

 

  • ITエンジニアとは
  • ITエンジニアに向いている人の3つの特徴
  • ITエンジニアに求められるスキル
  • ITエンジニアにおすすめの書籍

 

この記事では、どのような素質・資質を持った人がITエンジニアに向いているか、またITエンジニアに必要なスキルや勉強方法についてもお話します。

 

結論から言うと、下記のような人がITエンジニアに向いています。
・とりあえずやってみる人
・ものづくりが好きな人
・新しいものに抵抗がない人
プログラミング能力は必要ですが、コミュニケーションスキルなどのソフトスキルが重要です。
ヤマダヒロタカ
ヤマダヒロタカ

 

現在、ITエンジニアを目指している方、自分自身のエンジニアとしての資質に心配がある方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

ITエンジニアとは

 

ITエンジニア(システムエンジニア)とは、一般論を言うと「お客様と会話し情報システムを設計・開発する職種」です。

 

お客様の要求を理解し、システムに求められる要件をまとめ、仕様と設計をまとめる上流工程を主に担当します。

 

また、予算や開発要員、進捗管理などのマネジメントも行います。

 

ITエンジニアがまとめた仕様書・設計書をもとに、プログラマーがコードを書き、テストを実施します。

 

ただ、実態はこのように厳密に分担されていることは珍しく、エンジニアとプログラマの境目は曖昧です。

 

エンジニアが設計とプログラミングの両方を行うことは普通にありますので、ITエンジニアとは、設計、プログラミング、マネジメントの全てを行う職種であると思っておくと良いでしょう。

 

ITエンジニアに向いている人とは

 

ITエンジニアに向いている人とはどのような人なのでしょうか。

 

プログラミングが得意な人?コミュニケーション能力が高く、人付き合いが得意な人?

 

ネットで検索すると、よくこのように、特定のスキルに目が向いている記事や意見が多くみられます。

 

もちろん、これらのスキルは、エンジニアとして仕事をしていく上では持っていたほうが有利であることは間違いないです。

 

じゃあ、どのような資質を持つ人がこうしたスキルをうまく身に着け、ITエンジニアとして成功しているのかについてお話します。

 

まず結論からいうと、下記の資質を持つ人がITエンジニアに向いています。

 

  • とりあえずやってみる人
  • ものづくりが好きな人
  • 新しいものに抵抗がない人

 

ひとつずつ詳しくお話します。

 

とりあえずやってみる人

 

「とりあえずやってみる人」とは、知らないこと、初めてのことに対してアレルギーや拒否感を感じずに、好奇心をもってネットで調べたり人に聞いたりして、まず手を付けてみる人のことです。

 

このタイプの人は、例えば新しい技術でも、ちょっと作ってみてよとお願いすると、バタバタ走り回って社内で有識者を探してきたり、ネットで調べたりして、下手するとその日のうちに「ちょっと作ってみたんですがどうですか?」とアウトプットを持ってきます。

 

こういう人は、放っておくと一人で勝手に突き進むという短所もありますが、凄まじい勢いで新しい知識や技術を身に着けていきます。

 

逆に、1から勉強して体系的に理解が及ぶまで手が付けられないという人はITエンジニアには、正直あまり向いていません。

 

ITエンジニアが必要とする知識は、日進月歩で進化しており、次々と新しい技術が出てきます。

 

自分が覚えている知識はあっという間に陳腐化してしまうので、全てを覚えることはできませんし、とても労力がかかります。

 

フットワーク軽く、ネットで調べたり社内外の有識者とコミュニケーションを取り、素早く必要なノウハウを引き出して自分のものにできる人は成功します。

 

ものづくりが好きな人

 

「ものづくりが好きな人」とは、プログラミングでも、ミドルウェアやパッケージ製品でもいいですが、自分が設計して作ったりカスタマイズしたものが、自分の思う通りに動いた瞬間に大きな喜びを感じる人のことです。

 

また、思う通りに動かなかったときになぜ動かないのか原因を追究できる人でもあります。

 

このような人は、思い通りに動いた瞬間にこれまでの疲れやストレスが全て吹き飛びます。

 

当たり前のことですが、プログラムも製品も、1文字1バイトでもミスがあったら正しく動きません。

 

こうしたミスを探して修正する「デバッグ」作業は、特にリリースが近づいてくると肉体的にも精神的にも大変なストレスがかかる作業です。

 

「動かすこと」に楽しさを感じる人は、たいていの場合、こうしたデバッグ作業を耐え抜き、原因を突き詰め、思う通りに動かすことに成功します。

 

また、このタイプの人は、なぜ動くのか?なぜ動かないのか?を突き詰めて考える中で、技術の本質をつかむことができます。

 

例えばこのような感じです。

 

  • プログラミング言語の動作原理
  • TCP/IPの動作原理
  • RDBMSの動作原理
  • OSの動作原理

 

これらは、いつの時代も変わらない普遍の技術で、私はコンピューターの「原理原則」と呼んでいます。

 

この原理原則が身に着けられると、新しい技術に対しても応用力をきかせて抵抗なく身につけられるようになります。

 

新しいものに抵抗がない人

 

「新しいものに抵抗がない人」は、古い技術にしがみつかず、古い技術にリスペクトを残しながらも、新しい技術にどんどんチャレンジしていける人です。

 

繰り返しになりますが、SEが必要とする知識は日進月歩で進化しており、次々と新しい技術が出てきます。

 

しかも、昨今はデジタルトランスフォーメーションとか、2025年の崖と言われているように、世の中の流れが不透明でどのような技術がトレンドになるか誰もわかりません。

 

さらに新型コロナウイルスの登場で、ますます未来が見えにくくなりました。

 

そうした中では、変化に対応できること、つまり古いものにしがみつかず、新しいものを受け入れられるマインドが絶対的に必要となります。

 

なお、ここまで読み進めて頂いた方はお気づきかもしれませんが、「とりあえずやってみる」「ものづくりが好きな」人であれば、新しいものや変化に抵抗のない人にもなりえるはずです。

 

ITエンジニアに求められるスキル

 

エンジニアに必要な資質についてお話ししてきましたが、エンジニアに求められる具体的なスキルについてもお話します。

 

  • ITスキル
  • ロジカル・シンキング
  • コミュニケーションスキル
  • 体力

 

こちらもひとつずつ詳しくお話します。

 

ITスキル

 

ITスキルとは、ITエンジニアが開発を行う上で必要なスキルのことで、下記のスキルを指します。

 

  • プログラミングスキル
  • 情報処理の知識
  • ドキュメンテーションスキル

 

 

プログラミングスキル

 

下記の理由からITエンジニアにはプログラミングスキルは必須です。

  • エンジニアがプログラミングを行うことも普通にある
  • プログラムを読めないと品質保証ができない

 

一般的にプログラミングは、エンジニアではなくプログラマーが行うとされています。

 

しかし、このようにうまく役割分担ができる現場はむしろ少なく、エンジニアがプログラミングを行うことも普通にあります。

 

また、プログラミングができないエンジニアは、プログラマーが作成したプログラムが仕様通り動くのか判断できません。

 

つまり、品質保証が難しくなります。

 

ただスーパープログラマーと呼ばれるほど完璧に言語を使いこなす必要はなく、下記のレベルでOKです。

  • 基本構文と文法を理解している
  • 他人の書いたコードを見て理解でき、真似をしながらコードが書ける
  • バグが起きたときなどは、そのバグの内容を理解し説明ができる

 

一方、リーダーやマネージャークラスになると業務でプログラミングを行うことはほぼなくなりますが、そのままにしているとプログラミングスキルは衰えてしまいます。

 

従って、どのようなクラスの人でも、継続的にプログラミングの勉強を行うことは、世の中のトレンドについていくためにも必要です。

 

情報処理の知識

 

システムを設計し構築するためには、情報処理の知識が必要不可欠です。

 

情報処理の知識とは、IPAが主催している情報処理技術者試験の内容がそれに近いです。

 

おそらく、エンジニアとして働き始めると、情報処理技術者試験を受験せよ!と義務付けられることになると思います。

 

最初のうちは、内容もよくわからず、なぜこんな試験を受けないといけないんだ!と思われることもあるかと思います。

 

ただ、実は情報処理技術者試験の内容は、エンジニアが業務の中で経験する内容が非常に端的にまとめられています。

 

エンジニアに必要なエッセンスがギュっと凝縮されています。

 

まず、よくわからないながらも頑張って資格をとって、業務の中で「ああ、これが試験に出てきたあの内容か」となってもいいですし、その逆でもいいです。

 

エンジニアの業務内容を体系化して整理した内容が情報処理の知識になります。

 

ドキュメンテーションスキル

 

ITエンジニアに求められるドキュメンテーションスキルは、純粋な文章力に加え、システムやアプリケーションの設計を端的かつ論理的に文章に落とし込む力のことで、ロジカル・シンキングが根底にあることが必要です。

 

ITエンジニア、特にSI業界のエンジニアは、設計作業やプログラミング以外に、大量のドキュメント(設計書や手順書、報告書など)を作成する必要があります。

 

特に、自治体、政府系や金融のお客様は、ドキュメンテーションにこだわる方も多く、契約時に大量のドキュメントを納品することを盛り込まれたりします。

 

もちろん、書き方にはテンプレートやフレームワークが存在しますので、ある意味慣れの問題ではあるのですが、例えばブログを書いたり、SNSを積極的に活用するなりして、文章を書く機会を日ごろから意識的に増やしておくほうがよいかもしれません。

 

ロジカル・シンキング

 

エンジニアの仕事はシステムを設計することです。

 

システム設計は、誰が見ても明確な筋道が立てられたものである必要があります。

 

システム間の関係、機能間の関連、データの構造など、矛盾のない論理的な構造を組み立てる必要があります。

 

このスキルを身に着けるためには、もって生まれた素質もありますが、数多く設計作業やプログラミングを経験して身に着けることもできます。

 

ロジカル・シンキングを身に着ける書籍や研修などもありますので、考え方を知るために受講することもオススメです。

 

コミュニケーションスキル

 

エンジニアの仕事はシステムを設計することと言いましたが、設計の要件はお客様からヒアリングする必要があります。作業の進捗状況や、トラブルが起きたときはお客様に説明する必要があります。

 

また、システム開発は、エンジニア、プログラマー、プロジェクトマネージャなど、大勢の人が関わります。

 

仕事内容に応じてチームを分けて協力し合って進めることが多いため、コミュニケーション能力は非常に大事です。

 

ただ、コミュニケーションを誤解している人も多いのですが、流暢な言葉を駆使して相手を論破したり、ちょっとウィットに富んだ「うまいこと」を話すという意味ではありません。

 

コミュニケーションとは、口下手でもたどたどしくても構いませんので、「相手が伝えたいこと」を正しく受取り、「自分が伝えたいこと」を正しく発信できる能力のことです。

 

人と話すことが苦手だと思っている人の中にも、実は、コミュニケーションがとても上手な人がいます。

 

自分で苦手だと思い込んでいるだけのこともありますので、思い切ってコミュニケーションの場に出てみることをオスメします。

 

ノリが良くて盛り上げ上手=コミュ力高いではありません。勘違いしている人は意外と多いです。
ヤマダヒロタカ
ヤマダヒロタカ

 

体力

 

オチのようになってしまいましたが(笑)エンジニアには体力はやっぱり必要です。

 

別にブラックなプロジェクトで毎日徹夜しろ!ということではありません。

 

動いているシステムでトラブルが発生した時など、お客様に損失が出るような場合は、昼夜問わず原因を突き止め、迅速に修正を行う必要がある場面もあります。

 

そのようなときにやっぱり体力はどうしても必要になります。

 

プログラミングが大好きで、勉強のために家に籠っているのも悪くはないですが、体力をつけることにも目を向けてもらえればと思います。

 

エンジニアにおすすめの書籍

 

ITエンジニアは非常に専門性の高い仕事です。

 

新しい技術にキャッチアップするためには、業務の中だけではどうしても偏りが出てしまい、体系的な知識を身に着けることは難しいものです。

 

そこで、業務だけでなく、書籍からも知識を補完することが非常に重要です。

 

下記は、特に未経験・若手向けにオススメの書籍をまとめた記事ですので、よかったらぜひ読んでみてください。

 

合わせて読む
エンジニア初心者が読んでおきたいおすすめの本13選【キャリア20年のSIer管理職が推薦】

悩める人・システムエンジニアになりたいのですが、読んでおくべき本はある? ・新人エンジニアですが、今のうちに読んでおくべき本があれば教えてほしい ・エンジニアの本が多すぎてどれを選べば良いかわからない ...

 

こちらはインフラエンジニア向けの書籍です。

 

合わせて読む
インフラエンジニアが読んでおきたいおすすめの本20選【キャリア20年のインフラエンジニアが推薦】

悩める人・駆け出しのインフラエンジニアですが、今のうちに読んでおくべき本があれば教えてほしいです ・インフラ関連の本が多すぎてどれを選べば良いかわかりません この記事はこういった人のために書きました。 ...

 

まとめ

 

エンジニアに向いている人の特徴や必要なスキルについてお話しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

やはり、エンジニアに向いている人にはある程度、特徴に一定の傾向があります。

 

ただ、自分がその特徴に該当しないからといって、エンジニアに向いていないというわけではありません。

 

もし、あなたがエンジニアの仕事が好きだと言えるのであれば、エンジニアとして必要なスキルを別のやり方で身に着けることもできるはずです。

 

この記事を読んで、エンジニアに向いていると思った方は、どんどんその道を突き進んでいってほしいですし、向いてないかな?と思った方も、努力して変えていこうと思うきっかけになってもらえたら嬉しいです。

  • この記事を書いた人

ヤマダヒロタカ

インフラエンジニア/ITアーキテクト/プロジェクトマネージャ。 SESのエンジニアから2度の転職を経て、現在某SIerにて技術系組織のマネージャーを務める。

-エンジニアの成長

© 2021 YAMADA BLOG