エンジニアの転職

リクナビNEXTの退会方法と注意点を解説【退会済みの方も必見!】

2020-09-23

悩める人
悩める人
・転職活動が終わったら、リクナビNEXTは退会したほうがいいですか?
・配信停止してもリクナビNEXTからのメールが来るので完全にメールや宣伝を停止する方法が知りたい。
・転職も終わったしメールが多いから退会したけど、退会しないでおくメリットってあるの?

この記事はこういった人のために書きました。

 

ヤマダといいます。

 

<プロフィール>
新卒でSES企業に入り、2度の転職を経て現在はSIerで部長職として働いています。
キャリアは20年で、C言語のプログラマーから、インフラ、ITアーキテクト、PMを務め、現在は業界調査や人材育成、採用面接も担当しています。
これまで、何百人ものITエンジニアと仕事を共に、数多くの転職希望者と採用面接を通じて接してきました。

 

IT業界での長年のキャリアと、過去の転職経験、現役の採用面接官として信頼性の高い情報を発信しています。

 

  • この記事でお伝えしたいこと
  • リクナビNEXTの退会方法
  • リクナビNEXT退会後もメールが来る場合の対処方法
  • リクルートIDの退会方法と注意点
  • 転職後のリクナビNEXTの活用方法と再登録方法

 

この記事では、リクナビNEXTの退会方法、リクナビNEXTからのメールを停止する方法についてお話します。

 

結論から言うと、転職後もリクナビNEXTを退会する必要性はありません。退会は5分もかからずできますが、再登録には時間がかかりますし、転職後もリクナビNEXTを活用する方法があります。
ヤマダ
ヤマダ

 

転職活動を終えてリクナビNEXTの扱いに困っている方、既にリクナビNEXTを退会した方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

リクナビNEXTの退会方法

転職活動が終わり、新しい企業で働き始めたのでリクナビNEXTを退会したい、という方向けにリクナビNEXTの退会手順を説明します。

リクナビNEXTはPC版、スマホ版で手順が少々異なりますので、利用方法に合った手順を選んでください。

なお、退会は5分とかからず可能ですが、一度退会すると、リクナビNEXTに登録されている全情報が利用できなくなります。

 

PC版の退会手順

PC版の退会手順

  • ログイン後、トップページの「各種設定」をクリック
  • 「各種設定」画面の最下部にある[退会する]ボタンをクリック
  • 「リクナビNEXTからの退会手続き」ページで「大会手続きへ」をクリック
  • リクナビNEXTの退会理由を記入
  • 登録情報の削除にチェックを入れ「退会する」をクリック

※画面イメージは2020年9月20日時点のものです。今後変更される可能性があります。

 

step
1
ログイン後、トップページの「各種設定」をクリック

 

step
2
「各種設定」画面の最下部にある[退会する]ボタンをクリック

 

step
3
「リクナビNEXTからの退会手続き」ページで「大会手続きへ」をクリック

このページでは、退会をせずにメールやオファーの受取りを停止することもできます。

メールの量にお困りの方は、このページでメールとオファーの受取りだけ停止しておくことをオススメします。

 

step
4
リクナビNEXTの退会理由を記入

※任意です。スキップすることもできます。

 

step
5
登録情報の削除にチェックを入れ「退会する」をクリック

 

これで退会完了です。

 

スマホ版の退会手順

PC版の退会手順

  • ログイン後、メニューアイコンをタップし、「各種設定」を選択する。
  • 「各種設定」の一番下にスクロールし、「退会」にある「リクナビNEXTからの退会手続き」をタップ
  • 「リクナビNEXTからの退会手続き」ページで「退会手続きへ」をタップ[
  • リクナビNEXTの退会理由を記入
  • 登録情報の削除にチェックを入れ「退会する」をクリック

※画面イメージは2020年9月20日時点のものです。今後変更される可能性があります。

 

step
1
ログイン後、メニューアイコンをタップし、「各種設定」を選択する。

 

step
2
「各種設定」の一番下にスクロールし、「退会」にある「リクナビNEXTからの退会手続き」をタップ

 

step
3
「リクナビNEXTからの退会手続き」ページで「退会手続きへ」をタップ

PC版と同様に、このページでは、退会をせずにメールやオファーの受取りを停止することもできます。

メールの量にお困りの方は、このページでメールとオファーの受取りだけ停止しておくことをオススメします。

 

step
4
リクナビNEXTの退会理由を記入

※画面はPC版と同様です。

 

step
5
登録情報の削除にチェックを入れ「退会する」をクリック

※画面はPC版と同様です。

これで退会完了です。

 

リクナビNEXT退会後もメールが来る場合の対処方法

リクナビNEXTを退会手続き完了後にもメールが届く場合がありますので、その場合の対処方法を解説します。

 

なぜ退会したのにメールが来るか

リクナビNEXT退会後にメールが届く場合、下記のパターンが考えられます。

 

  • 別のメールアドレスでリクナビNEXTに登録していた場合
  • 退会完了後に「リクルートID」を使用してリクナビNEXTにログインした場合

 

別のメールアドレスでリクナビNEXTに登録していた場合

リクナビNEXTに2つの登録がある場合のことです。

複数のメールアドレスを使って登録していることを確認して、改めて退会手続きを行うことで解消できます。

 

退会完了後にリクルートIDを使用してリクナビNEXTにログインした場合

退会完了後に、「リクルートID」を使用してリクナビNEXTへログインすると、「リクルートID」の登録情報を用いて、新規会員登録が行われます。

リクナビNEXTの利用がご不要の場合は、ログインをしないようにしましょう。

これはリクルートIDの仕様ですので、完全にメールが来ないように対処したい場合は、リクルートIDを退会することで対処可能です。

 

リクルートIDの退会方法と注意点

リクナビNEXT退会後に、誤ってログインして再度新規会員登録をしないために、リクルートIDの退会方法を解説します。

 

リクルートID退会時の注意点【要注意!】

リクルートIDを退会すると、「じゃらん」「HOT PEPPERグルメ」「ゼクシィ」などリクルートが提供しているサービス全て退会することになり、利用不可となります。

 

普段からよく利用しているサービスが実はリクルートが提供しているサービスだったこともありますので、よく注意して退会するようにしましょう。
ヤマダ
ヤマダ

 

リクルートIDの退会手順

リクルートIDのヘルプページから退会手続きを行うことができます。

「リクルートID退会のご注意ポイント」をよく読んだ上で、手続きを行ってください。

 

転職後のリクナビNEXTの活用方法と再登録方法

転職が成功したら、リクナビNEXTは不要になると思いますよね?

利用しないサービスは退会したほうがよいと思いますが、実は、転職後もリクナビNEXTを活用する方法があります。

 

リクナビNEXT退会後のサービス利用範囲

リクナビNEXTを退会すると、基本的にはリクナビNEXTのほとんどの機能が利用不可となり、公開されている求人情報の検索と閲覧のみ利用可能となります。

オファー機能を利用できないため、非公開求人と出会うことができなくなります。

 

転職後のリクナビNEXT活用方法

転職後のリクナビNEXTをどのように活用するべきなのでしょうか。

実は、転職後にあなたが行ってきた業務経験を定期的にリクナビNEXTへ更新することで、リアルタイムに自分の市場価値を把握することができます。

リクナビNEXTの履歴書、職務経歴書などのレジュメは、しばらく更新がなくなると企業や転職エージェントの目に留まりにくくなり、やがてオファーはなくなります。

定期的にレジュメを更新することで、その時点の求人情報のオファーを受けることができ、世の中の流れを理解でき、自分がいまどのような企業、ポジションで必要とされているか知ることができます。

 

下記は、エンジニアがとりあえずでも良いから転職サイトに登録するべき理由について書いた記事です。よかったらぜひ読んでみてください。

合わせて読む
転職サイトへ「とりあえず」でも登録しておくべき理由【転職エージェントとの違いも解説】

悩める人・転職サイトにとりあえず登録して情報収集したいのですが、そういう使い方しても大丈夫? ・まだ転職は考えてない人は転職サイトに登録しない方がいいですよね? この記事はこういった人のために書きまし ...

続きを見る

 

今の企業で一生を終えるつもりなら不要かもしれませんが、また転職するチャンスが来ないとも限りませんので、活用することをオススメします。
ヤマダ
ヤマダ

 

退会後もリクナビNEXTへの再登録は可能!

リクナビNEXTの退会後や、リクルートID退会後でも、改めてリクナビNEXTに新規登録することは可能です。

基本的に、レジュメは再登録が必要となりますが、リクルートIDが残っている場合は基本情報は引き継がれます。

 

再登録はこちらから可能です!

人気の優良求人は早い者勝ち

 

まとめ

リクナビNEXTの退会方法、転職後のリクナビNEXTの活用方法と再登録方法についてお話しましたが、いかがでしたでしょうか。

転職が成功したら、しばらくは新しい職場で、新しい仕事に慣れることで精いっぱいかもしれません。(僕はそうでした)

ただ、しばらくして仕事にも慣れ、新しい業務経験が出来たら、リクナビNEXTのような転職サイトに職務経歴書をアップデートしていくことをオススメします。

思いがけない企業からオファーが来たり、良い転職エージェントとの出会いがあるかもしれません。

 

この記事を読んで、リクナビNEXTを利用する方の手助けになったら嬉しいです。

 

 

  • この記事を書いた人

ヤマダヒロタカ

インフラエンジニア/ITアーキテクト/プロジェクトマネージャ。 SESのエンジニアから2度の転職を経て、現在某SIerにて技術系組織のマネージャーを務める。

-エンジニアの転職

© 2021 YAMADA BLOG